RSS

柱・間柱位置の確認方法(石こうボード壁)

柱・間柱位置の確認方法(石こうボード壁)

まず初めに、壁材の確認をしましょう! スイッチやコンセント部分は壁材をくり抜いているので、
プレートを外すと壁材を確認できます。
壁材断面が白くなっていれば石こうボードです。
コンセントカバーを外す
胴縁ありの石膏ボード 胴縁なしの石膏ボード
横胴縁が無い石膏ボード 横胴縁がある石膏ボード

おおよその位置確認(3通り)

壁を叩いた音で下地の位置を確かめる1 壁を叩いた音で下地の位置を確かめる2

A:ノック

間柱や柱のあるところは、かたい音が
するのでノックして音の変化で確かめます。
下地探しどこ太の磁石を壁に当てる 壁紙の裏にあるねじ

B:磁石

石こうボードを間柱・胴縁にねじでとめる為
磁石でネジの位置がわかれば、その位置に
下地があります。
柱の位置で点滅する水平器付の下地探しセンサー センサーが点滅した位置に印をつける

C:センサー

ライトが点滅して下地の位置を知らせます。

「どこ太」で正確位置を確認

目星を付けた周辺にどこ太を刺す 下地が無く奥まで貫通する針 下地があり途中でとまる針

で目星を付けた
周辺にどこ太を刺す

下地が無い場所は
針が奥まで貫通する

下地がある場所は
針が途中で止まる

針が止まった場所に印を付ける 印が付いた壁
間柱・柱と横胴縁

縦方向に連続で針が止まれば、間柱か柱がある
横方向に連続で針が止まれば、横胴縁がある

針が止まった場所に
印を付ける

印の幅に下地があるのでそこに
手摺りや補強板のネジを取付る

目星を付けた周辺にどこ太を刺す

で目星を付けた
周辺にどこ太を刺す

下地が無く奥まで貫通する針

下地が無い場所は
針が奥まで貫通する

下地があり途中でとまる針

下地がある場所は
針が途中で止まる

針が止まった場所に印を付ける

針が止まった場所に
印を付ける

印が付いた壁

印の幅に下地があるのでそこに
手摺りや補強板のネジを取付る

間柱・柱と横胴縁

縦方向に連続で針が止まれば、間柱か柱がある
横方向に連続で針が止まれば、横胴縁がある

柱や間柱 が確認できた場合・・・その柱や間柱を利用して手摺りを取り付けできます。
横胴縁 が確認できた場合・・・の方法で柱や間柱を探します。

で柱や間柱が確認できた場合・・・その柱や間柱を利用して手摺りを取り付けできます。
で横胴縁が確認できた場合・・・の方法で柱や間柱を探します。

横胴縁壁の柱・間柱を探す

木ネジを壁に差し込む
どこ太の針の長さでは、胴縁の厚み分奥に入っている
柱や間柱を検知するのは難しいです。その為、
補強板を付ける予定であれば、隠れる範囲で
横胴縁を避けて細めの木ねじ(60mm程度)を入れていき
間柱や柱があるかどうかを感触で確かめます。

胴縁がある場合、横手摺りは補強板を間柱に固定した上に取付ましょう!
縦向きの補強板は、胴縁に取付てもOKです。

胴縁の位置は磁石で確認できます マグネット付下地探しどこ太を壁にあてる 胴縁のねじに反応する磁石 壁紙の裏にあるねじ
補強板の取付位置

ご注意下さい!

マンションの場合
・軽量鉄骨の間柱が入っている場合があります。(間柱にそって縦方向に磁石が付きます)
・コンクリート躯体にGLボンドで固定している場合もあります。

アパートや2世帯住宅などの場合
・隣の部屋に接した壁が石こうボード2重張りになっている場合があります。(防火・防音のため)

針が入っていかない場合
・壁紙の下が、木質合板(ベニヤ板)、コンクリート直貼り、漆喰壁等の可能性があります。