RSS
猫 取付レベルを参考に購入してね
手摺取付初級 手摺取付中級 手摺取付上級
手すり取付工具のレンタルもあります!

介護手すり取り付け位置・高さ (廊下・玄関・階段・トイレなどの室内)

「手すりをつけよう!グリップグリップ」のトップページへ

使い方には個人差があります。
以下の手すり高さは目安にして頂き、実際に棒などをあてがい,
利用される方が確認してから,取付位置を決めましょう !

1:廊下手すり


廊下手すりの高さ高さ750〜850ミリ(高さ寸法は手すり上端で測定)

腕をまっすぐ下ろした状態で、手首の位置に合わます。
又は、大腿骨の高さや、使い慣れた杖の高さに合わせます
棒を握ったときに軽く肘が曲がる程度が丁度良い高さです。
棒を持ったときに、肩が上がったり、猫背になったりする高さは良くありません。

高齢者用の廊下手すりは、杖が何本もつながったイメージです。
上から軽く押さえつけながら、手を沿わせます。
廊下手すり高さは杖の高さ手摺高さの測定


2:出入り口手すり

たて手すり位置と高さ寸法 手すり長さは500ミリ。 肩より少し高い位置から

体を近づけて縦手すりを握ると、ちょうど肩の高さぐらいになります。
手すりの上端は肩の高さより0〜100ミリ程上が目安です。

身長にもよりますが、床から1100〜1200ミリ程度の位置が良く握られる高さです。
壁やドア枠などを良く見ると手垢で汚れていたりするので、
汚れた位置を手すり高さの目安にしてもよいでしょう。

転倒が多い人、下肢筋力が弱く床を這って移動する人は、床から立ち上がる為に、
もっと低い位置から手すりを付ける必要があります。

注意!ドアを開けるとき、握っている指が擦らないように。


3:玄関たて手すり

玄関手すり位置と高さ手すり長さは600〜800ミリと長めがおススメ
框を上がる時だけでなく、靴を履くときにもちょっとした支えになるので、
誰しもがあると便利な手すりです。

段差を上がったり、立ち上がりなどの上下運動には、縦手すりが有効です。



4:玄関よこ手すり


玄関手すり高さと位置  玄関によって、つけ方はいろいろ
土間側に横手すりがあると、体重を掛けながら下り、土間に下りた状態でも、
体の前で掴む所があるので安心です。

下り始めの時は、前のめりにならないように、
800ミリよりも高めの方が良い場合もあります。

イラストのように斜めと組み合わせたり、L字型にしてみたり、
上がる時と下りる時の両方で使いやすく組み合わせて取付ましょう。

マンションなど玄関段差が少ない所は横一文字
に長く取り付ける方法もあります

上がり框の高さまで足が上がらない場合は、踏み台と組み合わせて考えましょう。


5:階段手すり


階段手すり位置高さ 高さは段鼻(角部分)から750ミリが目安

上下階部分は延長(200ミリ以上)して長めに付けた方が、
最後の一歩までしっかりと握っていられるので便利です。

特に上階部分は降りるときに助走として必要です。いきなり斜め手すりだと、
夜中に寝ぼけ眼で掴み損ねて真っ逆さまに落ちてしまったら大変です。
縦手すりでもいいので、上がり切った部分に付けましょう。

手すり棒の先端は、パジャマの袖口が引っ掛からないようなブラケットを
取付ましょう。

標準的な階段角度で、
斜め手すり部分の高さは750ミリ程度(段鼻より)
横手すり部分の高さは800ミリ程度が目安です。



6:トイレL型手すり


トイレL型手すり取付位置
立ち座りの上下運動なので縦手すりがあると非常に便利です。
立ち上がった時に体の前に手すりが位置するように、
便器の先端から200〜300ミリ程度前が使いやすい位置です。

横手すりを付けると、座る時に体重を掛けたり、握力が弱い人は
プッシュアップして立てるので、便利です。
便座面より230〜300ミリ程度上が目安の高さになります。

縦と横をつなげたL型手すりも有効です。
トイレの壁が便器から離れている場合は使いずらくなるので、
気を付けましょう。

トイレは手すりをつけたい位置に柱が無い場合が多いです。
その場合は、補強板をしっかりと付けた上に、手すりを取付けます。



7:トイレよこ手すり

トイレ手すりの位置と高さ 正面の横手すり高さは750ミリ〜850ミリが目安です。
 
低くするほど、壁に頭をぶつけます。

便器の先端から壁までの距離が400ミリ以上あれば良いのですが、
もっと狭い場合は、以下のことに注意しましょう。

・前かがみに立つ時に壁に頭をぶつけそう。
・男性が立って小便する時に腰に当たる。
・介助者の腰に当たる。

その場合は縦手すりに変えてみたり工夫してみましょう。


8:トイレたて手すり



便器での立ち座り動作は上下の動きになるので
原則として、たて手すりを優先に考えます。

手すりの位置や高さは使う方の身長・身体機能...
などで変わりますが、
上端は立位時に肩の高さまではほしいです。
体の近くで手すりを握ると、持っている高さは
肩のあたりになるからです。

難しいのは、「便器先端からどれぐらい離すか」です。

バリアフリー関係の資料によって多少言っていることは
異なりますが、TOTOの手すりカタログでは、
「便器先端から200〜300ミリ前」が手すりの
取付位置になっています。

当店で施工する際は250ミリ前後を基準に、
実際に手すりをあてがい、利用者に手すりを持ちながら
何度か立ち座り動作をしてもらい位置決めをしています。

立ち上がる際は、便器から手すりが離れるほど、
体の重心移動を利用して立てるので
力学的には意外と立ちやすくなります。

逆に便器に近すぎると腕力に頼ることになり
手すり効果を発揮できません。
立ち上がったときにも手すりが背中の方に回り
肩に負担が掛かります。

使う方の身体状況を見極めて、
たて向き、横向き、L字型 …
無理な姿勢で使うことの無いように
手すりの取付を行いましょう!





注意事項 本人不在で決めない。

入院中の場合は必要最小限にとどめる。退院後に確認して必要なら追加する。
または、一日仮退院して確認して決める。

注意事項◆Ц本の手すりを用意する。

本人が確認できるように、見本の手すり(手すりのようなもの)を用意。
棒なら何でもOK(ほうきの柄、掃除機のパイプ、靴べら)手すりの代わりになるものを、
手すり取付予定位置にあてがって、使い易いかどうか、ご本人に確認してもらいましょう。

【高齢者の場合】
 ここでご紹介する取付位置は、アドバイスする為の目安です。
本人に動いてもらい使い易い手すりの形(縦、横)、高さ、そして、施工上、取付可能な
位置かどうかも合わせて考えて決めましょう。

【片麻痺の場合】
 不安定でバランスを崩しやすい場所(段差がある場所や、方向転換する場所)に
横手すりを設置する際、片麻痺の方は、少し高い位置を好まれます。
おへその高さで、力を入れて体を支えることが多くあります。

【身体障がい、難病の場合
 手すり取付位置の基準はありません。利用者によって使い易い位置、
高さはさまざまです。
利用者と介助者の意見を聞きながら決めましょう。
身体障がい者、難病の方の場合は動作に制限があるので、
出来るだけ希望する位置につける努力が必要です。
このケースでは、病院や行政の理学療法士(PT)、作業療法士(OT)の意見が重要です。

【リウマチの場合】

症状の度合いや、症状進行の予測を加味する。
手すりの棒を握れず、腕(肘から手首)までを台などに載せて
手すり代わりにする方もいます。
平手すりなど、手すりの断面形状も考えましょう。


※施工業者、福祉住環境コーディネーターの方々も、是非、参考にして下さい。



 手摺の高さ 
測定手順
1:手すりの高さを750mmに設定し、持ちやすさについて次の中から感想を選んでもらう。
            -1+2.gif
2:ちょうどよい手すりの高さを決める。
 ・手すりの高さとして、床面から手すりの上端までの高さを計測する。
 ・「ちょうどよい手すりの高さ」を正しく求めるために、まず「低めで持ちやすい高さ」・「高めで持ちやすい高さ」を決めてもらい、
  最後に「ちょうど良い高さ」を調整して決めてもらう。
被験者への教示
「この高さ(750mm)で手すりを持って歩いてみてください。手すりの高さについてどう思われるか感想をお聞きします。」
手すり高さの測定結果

750mmの手すりに対して、男性は高齢者でもやや低いと感じており、
女性は20〜50代はやや低いと感じ、60代以上になるとちょうどよいと感じている。

gurafu.gif
<参考資料>一般社団法人人間生活工学研究センター「高齢者対応基盤整備データベース」より許可を得て掲載



「手すりをつけよう!グリップグリップ」のトップページへ