RSS

DIYで楽しく取付!玄関・廊下・階段・トイレなどの木製手すり

手摺取付方法 浴室手摺取付方法に移動 屋外手摺取付方法に移動

手すりの取付方法木製手すり編

階段・廊下・トイレなどに介護用として手すりを取り付けるご家庭が増えてきました。
取付の基本はとてもシンプルです。手すりを「」または「木板(12ミリ厚以上)」に取り付けます。
TOTOの手すり取付金具は種類が豊富なため、素人(DIY)でも取り付けしやすくなっています。
ステップ1〜4で取付方法を確認して、ご自分でできそうな場所があればチャレンジしてみませんか。

ステップ1:道具を準備する

木製手すり取付用道具

(1)電動ドライバー
(2)棒にあける下穴用ドリル(2.5ミリ)
(3)のこぎり(刃は細かい程良い)
(4)メジャー
(5)手すり材料(棒と金具)
(6)下地探し器具(石こうボード壁の場合)

※簡単取付手すりセット(スリム以外)、玄関手すり(メープル・フリースタイル)は、
手回しドライバーでも取付OK。 とにかく簡単につけたいという方は、こちらをクリック

ステップ2:手すりの位置を決める

玄関手すりの取付位置 廊下手すりの取付位置 ドア付近の手すり取付位置
トイレ手すりの取付位置 階段手すりの取付位置

手すり取り付け位置の詳細はこちら

ステップ3:柱の位置を探す

手すりは柱、間柱に取り付けます。(12ミリ厚以上の合板でもOK)

石こうボード壁の場合 石こうボード壁の場合

下地探しの道具(どこ太)で針を刺して、正確な柱の位置を確認できます。

どこ太の針を壁に押し付ける どこ太の針が壁を貫通する

※壁を叩いた音や、壁裏センサーの反応で大まかな位置が分かります。

壁を叩いて下地を探す1 壁を叩いて下地を探す2 壁裏センサー
横胴縁が無い石膏ボード 横胴縁がある石膏ボード

一番多い壁の造りが、石こうボード壁です。本柱の間に455ミリ(一尺五寸)間隔で間柱があります。

石こうボード壁の構造 トイレの壁下地の位置

柱の探し方

【1】 間柱のありそうな所を叩いて、音で判断。または壁裏センサーで判断。
(大まかに、わかります)

壁を手で叩く 壁を手で叩く

【2】 下地探しの道具(どこ太)を使う。当店で販売中
(的確に、わかります)

どこ太の針を壁にあてる どこ太の針を壁に押し付ける 壁の裏側 どこ太の針拡大図

先端の針で石こうボード壁を刺して、貫通すれば空洞、奥まで入らなければ柱に当たっているので
そこに取り付けができると判断できます。

【3】 スイッチボックスを外して、メジャーを入れる。
   (スイッチ周辺は的確にわかります)

スイッチボックスを外す スイッチボックスにメジャーを入れる メジャーを入れた壁の裏側

写真左:スイッチボックスを外す
写真中:人差し指で押さえながらメジャーを入れていく
写真右:間柱に当たってとまった距離で判断

ワンポイント通常、スイッチボックスは柱に横付けするので、スイッチの横には柱がある場合が多い。

化粧べニヤ壁の場合

間柱に交差して、横胴縁を303ミリ(一尺)間隔で取り付け。
その上に、化粧ベニヤを貼り付けている場合が多い。

化粧ベニヤ壁の構造

柱の探し方

横胴縁の上に化粧ベニヤがある場合は、壁下地にある釘の跡や、押した時の感触で判断。(柱が無い所は柔らかい)

化粧ベニヤの壁を手で押す 壁下地にある釘の跡

注意横手すりは、取付箇所が横胴縁だけだと強度不足です。

真壁(和室)の場合 真壁(和室)の場合

見えている柱に付けるので簡単ですが、手すりが長くなる場合は補強板を使用しましょう。

真壁(和室)の構造
910ミリの手すり 1820ミリの手摺
真壁(和室)の構造

ステップ4:手すりを取り付ける

石こうボード壁の取付例
手すりの位置を決める【1】位置を決める 間柱を探す【2】間柱を探す 手摺のブラケットを取付【3】ブラケットを仮どめ
商品同梱の先割ビス※同梱の先割ビス(下穴不要) ブラケット間の距離を測る【4】ブラケット間の距離を測る 手すり棒をカット【5】棒をカット
仮留を外して棒をはめる【6】一度外し、棒をはめて再取付 手すり棒を固定【7】棒を固定(2.5キリで下穴も) 手すり完成【8】完成!
手すりの位置を決める【1】位置を決める 間柱を探す【2】間柱を探す
手摺のブラケットを取付【3】ブラケットを仮どめ ブラケット間の距離を測る【4】ブラケット間の距離を測る
手すり棒をカット【5】棒をカット 仮留を外して棒をはめる【6】一度外し、棒をはめて再取付
手すり棒を固定【7】棒を固定(2.5ドリルで下穴も) 手すり完成【8】グラつきがないか、確認して完成!

利用者に喜ばれる
介護手すりを
取り付けましょう!

ドライバーを持ったグリップ君

注:壁構造は様々あり、ご紹介した壁は一例です。

ページトップへ戻る

ページトップへ